10月10日を「てんとう虫3号の日」に “盗”録 !?『劇場版 ルパンの娘』公開直前イベントオフィシャルレポート到着!

(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
10月12日(火)

10月10日(日)に、主演の深田恭子はじめ、TVシリーズから引き続き劇場版にも出演する瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、小畑乃々といった親子3代で、『劇場版 ルパンの娘』公開直前イベントを実施した。本イベントは、映画でも登場するてんとう虫型の車・てんとう虫3号や、てんとう虫のバルーンなど、作品のイメージアイテムと言っても過言ではない“てんとう虫”づくしのポップなイベント会場で開催!

舞台挨拶がはじまり、深田は「本日はお越しいただき、ありがとうございます。(てんとう虫3号を見つめ)こんな立派なものをみなさんに見ていただけて嬉しく思います。本日はよろしくお願い致します。」と会場にセットされたてんとう虫3号の車を見て感動した様子。続けて瀬戸も「いよいよ今月15日から公開されると言うことで、どんなリアクションを皆様がしてくれるか、めちゃくちゃ楽しみです。少しの時間ですけど、キャストのみんなで楽しみたいとも思います。」と語り、小沢は「ドラマ1、2、そして映画と、こんなに長く泥棒スーツを着られたことがとても幸せです。本日はよろしくお願い致します」とシリーズ通して身につけ続けた泥棒スーツに対する愛着を語った。
そして栗原は「映画も公開間近となって、このようにシリーズを象徴する、たくさんのてんとう虫に囲まれて、今日登壇することができてうれしいです。」と語り、小畑も「本日はよろしくお願い致します!」と挨拶した。

続くMCからの質問で、一足先に映画を見た感想を聞かれると深田は「シーズン1.2、劇場版とさらにスケールアップしてますね。私たちが台本を読んで想像していたものよりも、完成した映画は笑いあり、涙あり、家族愛あり、本当に盛り沢山でした。」と映画の完成度に驚いたと言う。さらに瀬戸は「3Dじゃないのに飛び出してくる感じがしましたいろんな仕掛けがあるので、五感で楽しめましたね」と語り、小沢も「テーマパークに来た感覚でしたね。」と続けた。そして栗原も「ルパンの娘チームが、自信を持ってお届けできる今年一番のエンタメ作品だと、映画を見て思いましたね。」と自信たっぷりに振り返り、最後に小畑が「Lの一族の新しい秘密や、家族を守るために奮闘するところとか、たくさん泣いたり笑ったりできる映画でした。是非多くの方に何回も観ていただいて、何度も心を盗まれて欲しいです!」と完璧なコメントをすると、瀬戸はすかさず「素晴らしいですね。誰に教えてもらったの?(笑)」とツッコミ会場を沸かせた。

続けて「印象に残ったシーンや、映画を見て笑ったポイントは?」と聞かれると、瀬戸は「氷漬けのシーンは大爆笑しました。真珠さんが凍るところがまさかのアドリブだったって聞いて(笑)」と小沢演じる悦子が凍えるシーンをあげた。小沢は「アドリブというか、自然に出てきましたね」と振り返る。さらに小沢は「私は三雲玲さんとのシーンですね。Lの一族の家族愛も泣けるんですけど、そこの家族愛も凄く泣けますね」と家族愛について描かれているシーンを挙げると、栗原は「Lの一族が集結するシーンは一番笑いました。Lの一族のチームワークの良さを感じられるシーンでした。」とLの一族のチームワークを感じることのできるシーンを振り返る。

続けてMCより「試写では笑い声が起きていましたか?」の問いに対して、深田と瀬戸は「みんなすごく笑ってました」と即答。さらに小畑は「特にどんぐりさんが入れ歯を落とすところが面白かったです。」と予告映像にも入っているシーンを挙げ、栗原も「あの“入れ歯だったの?”っていうセリフもね笑」と小沢のツッコミが面白かったと振り返る。そしてMCよりミュージカルシーンの思い出を聞かれると、「みんなで部活のように、一生懸命合わせたりしながら、控室でも誰かが歌い出すとハモっていったり、端っこで集まって練習したりしましたね。円城寺さん(大貫勇輔)に教えて頂きました」と深田が振り返る。瀬戸は「すごく楽しかったです。類と真珠さんの独特な動きが」と語り、栗原と小沢の各々アレンジしていた踊り方に個性がでていて面白かったという。小沢は「現場ではどんぐりさんの練習風景がすごく好きでした笑。すごく一生懸命でね。」と、どんぐりの練習の様子を振り返る。さらに「私は歌いながら踊るということをルパンの娘で初めてやらせていただいたんですけど、大貫さんが色々教えてくださって、すごく楽しかったです。ドラマよりもさらに盛大なミュージカルシーンになっていると思いますので是非見て頂きたいです」とまたもや大人顔負けの完璧な回答をする小畑に、瀬戸は「完璧ですね(笑)。なんでちゃんと言えないんですかね僕ら(笑)」と会場の笑いを誘った。

続いてMCより、本作の見どころの一つであるアクションシーンについて聞かれると、深田は「瀬戸さんのアクションが素晴らしかったですね。何人も投げ飛ばしてましたね。」と瀬戸に語りかける。瀬戸は「今回は8人対1人とか、大勢対1人が今回多かったですね。でもLの一族のアクションと和馬は違いがあって、Lの一族は綺麗(なアクション)じゃないといけないので、でも僕は泥臭さ、必死さを大事にしましたね。本編でも間違えてるところありましたが、それも熱量の一つとしてアクションチームは見てくれたので思いっきりぶつかれましたね。」と振り返る。
そして深田は「あのボディスーツで、どんな季節も着てやっていたので、実は結構年季が入っています。(笑)近くでは見せられないですね。」と泥棒スーツの秘密を語る。続けて小沢も「劇場版の撮影は寒かったですね」と振り返り、深田も「ゲキサムでした。」と語る。

そして「長い時間を一緒に過ごしたと思うのですが、キャストのみなさんの中で盗みたいものはありますか?」という質問に、深田は「今日の舞台挨拶で、乃々ちゃんになりたいと思いました。このしっかりしたところとか、可愛らしさとか。乃々ちゃんの全てを盗みたいです!」と小畑をべた褒め。瀬戸は「僕は類の何を言い出すかわからない感じとか、お芝居のどんなことするかわからないハラハラさ、今回の映画でもありますよね」と栗原をあげ、栗原は少し照れながら「そう言ってくれて嬉しいです、お芝居の場で出しているものは、台本を読んだ時の直感で感じたものをやっています。」と語る。

そして 「実際ご自身で家族の絆を感じるのはどのような時ですか?」というMCの問いに対して、深田は「うちの家族は全員の誕生日に必ず集まるので、集まる機会が多いですね。必ず写真を撮って、並べています。」と恒例の家族行事を明かす。瀬戸は「僕は、家族のグループラインがありまして、そのLINEが動くときは絆を感じますね。例えば実家は福岡で家族と離れて暮らしていますけど、雨大丈夫?とか、ちょっとしたことでも、家族が心配してくれると嬉しくなりますね」と語り、小沢は「私娘が二人居るんですけど、下の娘が、食器洗いをしている私の荒れた手を見て、将来は皮膚科になる!って言ってくれましたね。」とほっこりするエピソードを語った。

そして、てんとう虫は幸せを運ぶシンボルと言われていることから、「皆様にとって幸せを運んできてくれるものは?」とMCより問いかけると、深田は「(この作品の)チームワークですね。こんなふうに皆さんと絆を作れたので、幸せを運んでくれた作品ですね。」と「ルパンの娘」自体が幸せを運んでくれたと語る。続けて瀬戸は「季節の食べ物ですね。今で言うとさつまいもです(笑)。食べ物で一番好きなんです。最高ですね。」と好きな食について語り、小沢は「子供とか赤ちゃんってパワーを持ってて、今回で言えば乃々ちゃんですね。現場にいたら明るくなって、幸せを運んでくれると思います。」とイベントでも度々会場を沸かせた小畑について語る。
MCも「今日もみなさん再会して、小畑さんを囲んでの会になってましたね。」とイベント前の様子を語り、瀬戸は「どんぐりさんの身長抜いたってね(笑)」と冗談を言う。続けて、深田は「一回マルシアさんが、どんぐりさんと乃々ちゃんを間違えてましたよね(笑)どんぐりさん一緒に着替えましょうよって(笑)」と撮影中にマルシアが小畑とどんぐりを呼び間違えた衝撃エピソードを話す。
そして幸せを運ぶものに話が戻ると、栗原は「動物園ですね。シーズン1に出てた加藤諒君とよく休日に一緒に行って、よしこの後の1ヶ月、3ヶ月また頑張ろう!というモチベーションになってますね」と語る。MCが「動物を見てテンション上がるんですか?」と質問すると、栗原は「この感じで見てます」と動じずに返答。それに対し深田が「一番好きな動物は?」と質問すると「バクとか、象とか。ですね。」と答え、栗原の相変わらずのテンションに、すかさずMCは「このテンションでご覧になってるんですね」と驚くと瀬戸が「今日テンション低いんです。」と返し、栗原は「僕26年間ローテンションなんです(笑)!」と会場の笑いを誘った。

そして、イベントは終盤へ。MCから「小畑さんが泥棒一家のLの一族らしくあるものをいただいてきたようなのですが...」と声をかけると、泥棒マスクをつけた小畑が額を持って現れ、「記念日登録証 10月10日 てんとう虫3号の日 上記の記念日を正式登録する 2021年10月10日 一般社団法人・日本記念日協会」と読み上げる。正式に10月10日が「てんとう虫3号」の日として記念日登録されたことが発表されると、瀬戸は驚きながら「盗めないものはないんですねLの一族は!」と感動。MCから今の気持ちを聞かれた深田は「10月10日をいただいてしまいましたね。Lの一族として大切にします。」と記念日を大切にすると感極まる。瀬戸も「凄いですね。これ僕たちの日ですって言えるってことですよね!!」と嬉しそうに作品の記念日ができたことを喜んだ。

最後に深田が
「本日は皆様の大切なお時間と10月10日、てんとう虫3号の日を頂きました。この映画をたくさんの方に見ていただけるように、是非たくさん広めていただければと思います!本日はありがとうございました」と締めくくり、てんとう虫と温かい家族愛に溢れたイベントが幕を閉じた。

10月15日(金) 全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP