ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 北海道知事賞受賞『桃源郷的娘』“眠りの森の美女的”ヒロインを演じた川越ゆいの公式インタビューが到着!

(C)太田慶
1月15日(土)

川端康成の『眠れる美女』をモチーフに、アナーキー老人の爆走する性と妄想力を描いた艶笑コメディ『桃源郷的娘』より、ヒロインを演じた川越ゆいのオフィシャルインタビューが届いた。

老浮浪者が、公園のベンチで居眠りしている娘に恋をした。だが、浮浪者は既に男性機能を失っていて娘を抱くことが出来ない…。生涯の恋を叶えるために浮浪者が思いついた突拍子もないアイデアとは?そして「寝ているだけでお金持ちになってステキな彼氏が出来る」ことを夢見る「お気楽娘」を待ち受ける摩訶不思議な運命とは…?


監督は日活社員の太田慶(『狂える世界のためのレクイエム』)。鈴木清順や神代辰巳へのオマージュなど“日活愛”あふれる本作は、カナザワ映画祭2018「期待の新人監督」に正式出品され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で北海道知事賞を受賞。

主演はコント赤信号の小宮孝泰(『星屑の町』)。ヒロインを演じるのは、浅草ロック座と大阪東洋ショーの踊り子も務めるセクシー女優の川越ゆい。主人公が公園で出会うガンジーを崇拝する若者役で永里健太朗、主人公の忠実な執事役でヘイデル龍生、行きつけの店・御影屋の女将・律子役で三坂知絵子が脇を固める。


脚本を読んだ時の感想をお教えください。
最初は(私の役は)「眠りの森の美女」みたいなノリなんだなと思ったので、私で大丈夫なのかと思いながらも、楽しそうな台本だと思いました。一気に読みました。

就職の面接でも寝てしまったりと、病的な睡魔に襲われ、「寝ているだけでお金持ちになってステキな彼氏が出来る」ことを夢見る「お気楽娘」役でしたが、ご自身と共通点などはありましたか?
授業中や大事な打ち合わせ中もあったかいと私もすぐ眠たくなっちゃうので、めちゃくちゃ気持ちはわかりました。私は寝たりはしないんですけれど、あるなーと思い、感情が入りやすかったです。


監督からはどのような演出がありましたか?
「役に入ってほしい」とは言われず、打ち合わせでお会いして話した時に、「今しゃべった川越さんそのままで大丈夫です。」と言われ、「素じゃん!」という感じで、キャラクターなどもあまり変えていないです。

小宮さんとの撮影の裏話はありますか?
お芝居に熱心な方だなというのはありました。台本をずっと見ているし、「こういう角度がいいよ」などとカメラマンさんとも話していて、ストイックという感じでした。でもお弁当の時間とかは、「皆でご飯食べよう!」というかわいいおじさんという感じの明るい方でした。長くお芝居をやっていらっしゃるので、一緒にやっていてやりやすかったです。

お気に入りのシーンはありますか?
和室で寝ているシーンは色々面白いことがありました。「どこでも寝るんかーい!」というところは面白いところです。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で北海道知事賞を受賞した感想はいかがでしたか?
お仕事の関係でいくことができなかったんですけれど、嬉しいです。

本作の見どころはどこだと思いますか?
エロすぎず、ちょっとエッチな気持ちにもなれるけれど、”おもしろエロ”みたいなところが含まれていて、共感できるところが男女色々あると思うので、男女幅広く楽しんでいただける映画かなと思います。

読者の方にメッセージをお願いします。
主役の小宮さんのお芝居がアドリブ混じりで素晴らしいですし。私の役は、「そんなわけねーだろ」っていうツッコミどころ満載なんですけれど、一番はエロさを見ていただきたいです。綺麗なエロなので、男女ともに笑いながらエロだったりとかを楽しめる映画です。1回だけじゃなく何回か見て、いろんな視点で見て欲しいです。


1月21日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP