全世界、飯テロ――空前のスケールで贈る給食スペクタクルコメディ大作!『劇場版 おいしい給食 卒業』公開決定!給食愛が止まらない超特報も解禁!

(C)2022「おいしい給食」製作委員会
1月17日(月)

市原隼人主演による人気ドラマ「おいしい給食 season2」が、『劇場版 おいしい給食 卒業』として映画化、5月13日より公開されることが決定した。2020年に続く第2弾劇場版となり、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)が映画になって帰ってくる。

本作は、給食絶対主義者の教師・甘利田、自由な発想の給食変革者・ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く抱腹絶倒の学園グルメコメディ。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく。劇中では鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が毎回登場し、ノスタルジックな雰囲気に心温まる。


市原が演じる甘利田は、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」。ストイックな役どころを多くこなし、シリアスなイメージの強い中、「食ものコメディ」に初チャレンジし主演連続ドラマ初のシリーズ化。市原の真骨頂が炸裂する!

解禁された映像で市原は「映画は何故この献立なんだろう」と期待に胸を躍らせる。佐藤は「給食にまた危機が訪れる」、甘利田を警戒する学年主任早苗を演じた土村芳は「ハプニングというか…」とコメントし、甘利田最大の危機到来を予感させる。さらに、駄菓子屋・お春役の木野花は「給食に対する愛情が半端ない。その愛情は止まらない!」と壮大かつ大真面目に給食愛に向き合う本作の見どころを語る。そして最後に、「これだけ人生精一杯生きていればどれだけ幸せなんだろうという事を考えさせられました。」と語る市原の言葉から、渾身の劇場版に注目が高まる。

『劇場版 おいしい給食 卒業』超特報

5月13日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP