テニス界の絶対王者ビーナス&セリーナが撮影現場をサプライズ訪問!!『ドリームプラン』ウィル・スミスの言葉に胸が熱くなる特別映像が解禁!

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved 
1月17日(月)

ウィル・スミスが主演、プロデューサーを務める最新作『ドリームプラン』より、1月17日の全豪オープン開幕を記念して、テニス界の絶対王者ビーナス&セリーナが撮影現場をサプライズ訪問した特別映像が到着した。

世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、ゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたテニス未経験の父リチャードが独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」にまつわる“驚きの実話”。2022年第94回アカデミー賞(R)最有力と早くも注目されている、観る人の心を揺さぶる感動作だ。


今回解禁されたのは、グランドスラム(テニスの国際4大大会)で30回優勝、オリンピックでは、5つの金メダル獲得という輝かしい戦績をおさめる世界最強の女子テニスプレーヤー、ビーナス&セリーナが撮影現場をサプライズ訪問した特別映像だ。

冒頭、ビーナス役のサナイヤ・シドニーとセリーナ役のデミ・シングルトンが登場、「セリーナとビーナスに会った」 「彼女が帰った後、部屋に行って泣いたの」と突然の憧れの大スター訪問に大興奮。
撮影現場を案内するウィル・スミスに、セリーナ本人が「パパ元気?」と声をかけてハグをする。姉妹の父になりきったウィルの演技は、セリーナから見ても「キマってるわ。父のアクセントが完璧よ」と大絶賛!!姉妹の母オラシーンを演じ、姉妹の大ファンでもあるアーンジャニュー・エリスは、セリーナを目にした途端目を瞬かせると、心を込めて抱擁する。

『ドリームプラン』特別映像(憧れのウィリアムズ姉妹編)

続いて、ウィル・スミスが「彼女は左利きだから、ボールを打つ練習をしたんだ。それだけ努力をして、撮影に挑んでいる。テニスの特訓も」と、ビーナス本人に彼女を演じたサナイヤの努力を伝えると、「知っているわ。動画を見たの」と大きく頷く。
「家族にとっては大切な物語だから、演じるのは責任重大だよ」と語るウィル・スミスは、今も現役プレーヤーとしてテニスを続ける姉妹に対して、キャスト全員が並みならぬプレッシャーの中で役と真剣に向き合っていると伝える。
続けて、「実話だから家族にとって嫌な要素も描かれる。でも、それを省いたら本物じゃなくなるんだ。当然すべてを完璧には描けない。ただ家族が満足してくれることを願うだけだよ」とウィリアムズの家族に敬意を持って作品に挑んだことを明かした。姉妹によるサプライズ訪問で、5人姉妹を演じたキャストたちも大喜び、撮影現場はホットな熱気に包まれた。姉妹が自身を演じたサナイヤやデミに過去の恋愛相手を暴露し盛り上がるなど、気さくな姿も印象的だ。


そしてウィル・スミスがビーナス&セリーナとスタッフ全員に向かって、「ある家族のサクセスストーリーだ。あなたたちは僕たちに自分自身を信じる大切さと、家族で団結し、あらゆる困難を乗り越える強さを教えてくれた」と感謝を述べる。ウィルの言葉に感極まった製作総指揮を務めたイシャ・プライスが駆けよってハグする姿に思わず胸が熱くなる。

2月23日(水・祝)より全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP