映画ランキング

全国映画動員ランキング

集計期間:6月7日(金)〜6月9日(日)

今週の動員ランキングは、人気4コマ漫画を基に2022年秋に放送されたTVアニメを再編集した2部作の前編『劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:』(アニプレックス)が、初日から3日間で動員14万人、興収2億1800万円をあげ、初登場1位に輝いた。はまじあきが「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載中の原作は、極度の人見知りで陰キャな少女・後藤ひとりが《結束バンド》というバンドに加入し、個性的なメンバー3人と共に成長していく様を描き、多くの共感を集めている。監督は斎藤圭一郎、声の出演は青山吉能、鈴代紗弓、水野朔、他。
 2位は前週よりワンランクアップした『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』(東宝)が続き、週末3日間で動員11万9000人、興収1億7000万円を記録。累計成績は動員1025万人、興収146億円を突破している。
 3位は『帰ってきた あぶない刑事』(東映)が週末3日間で動員10万4000人、興収1億4800万円をあげ、累計成績は動員が79万人間近、興収が10億円を突破した。
 4位は前週1位で初登場した『マッドマックス:フュリオサ』(ワーナー)が3ランクダウンとなり、週末3日間の成績は動員8万8000人、興収1億5300万円。累計成績は動員38万人、興収6億円を超えている。
 この他新作では、7位に「コードギアス」の新作アニメ12話を全4幕に分けて順次上映している『コードギアス 奪還のロゼ 第2幕』(ショウゲート)がランクイン。監督は大橋誉志光、声の出演は天﨑滉平、古川慎、上田麗奈、他。
 9位には、ヤマシタトモコの人気コミックを新垣結衣と早瀬憩のW主演で映画化したヒューマンドラマ『違国日記』(東京テアトル/ショウゲート)がランクイン。監督は瀬田なつき、共演は夏帆、瀬戸康史、小宮山莉渚、他。
 10位には、「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023」でバスケットボール男子日本代表が繰り広げた激闘を記録した『BELIEVE 日本バスケを諦めなかった男たち』(東映/東映ビデオ)が初登場。監督は大西雄一、ナレーターを広瀬すずが担当している。
 また、8位には“祝!ムビナナ1周年スペシャル上映会”と題して全国でライブビューイングが行われた『劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD』(バンダイナムコフィルムワークス/バンダイナムコオンライン/東映)がランクインした。(提供:興行通信社)

過去ランキング

TOP