北条美雲(橋本環奈)が見つめるその先には・・『劇場版 ルパンの娘』真実に、呆然と立ち尽くす美雲の場面写真初解禁!橋本環奈のコメント解禁!

(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
10月8日(金)

シリーズを通じて、視聴者からの突っ込みがSNS上で飛び交い、中毒者が続出するなど話題に事欠かなかった「ルパンの娘」待望の続編にして、最終章となる『劇場版 ルパンの娘』より、橋本環奈演じる北条美雲の場面写真を初解禁!さらに自身が演じる美雲の魅力を語る橋本環奈のコメントも解禁!

橋本環奈演じる北条美雲は、京都で代々続く「名探偵一家」の娘。Lの一族が祖父を死に追いやり、北条家を没落させたと思い、正体を突き止めるべく警視庁に入り和馬の部下となるが、次第に華たちが復讐の相手では無かったと知り、もう一人のLの一族の真相を尊と共に協力し追う。
今回解禁となったのは、呆然と立ち尽くす美雲の場面写真。映画の終盤に祖父を死に追いやった人物を目の当たりにするが、意外な真実を目撃し写真のような複雑な表情を浮かべるシーンだ。美雲は一体何を目にしているのか!?是非スクリーンでお確かめいただきたい。

そして、美雲を演じる橋本環奈は「この格好を見て頂くとわかる通り、美雲はザッツ探偵です。見た目は探偵アニメに出てきそうなステレオタイプの探偵像なのですが、物凄いキャラが濃いです。おじいちゃん子という設定なので、今の京都の若い世代の方とかは使われないような京言葉をしゃべります。探偵業を営んでいたおじいちゃんを尊敬しているので、小さい時から勉強していて、すごく頭の回転が速かったりだとか、真相を解明していくのが早かったりするんですけれど、時々こうちょっと天然なところがあったり、可愛らしい部分も詰まっていて、そこが人間味があって、美雲ちゃんのいいところだなと思いながら演じています。」と魅力を解説している。ルパンの娘という大胆な世界観に挑戦するにあたり、彼女自身の緻密な役の分析と努力があってこそだ。

10月15日(金) 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP