新時代をブチ抜くシスター・ハードボイルド・アクション!『ガンパウダー・ミルクシェイク』予告編&場面写真到着!

(C)2021 Studiocanal SAS All Rights Reserved.
1月14日(金)

ナヴォット・パプシャド監督作『ガンパウダー・ミルクシェイク』より、予告編&場面写真が到着した。

ネオンきらめくクライム・シティにひっそりと佇む図書館。そこは殺し屋の女性図書館員たちが運営する数々の“本”が所蔵されている武器庫だった―!そんな奇想天外なアイデアを発端に、飛び交う銃弾、ほとばしる血しぶき、渦巻く硝煙の中に女たちの連帯と共闘を描いたアクション大作が日本上陸!


予告編では、ネオンが妖しく光るクライム・シティを舞台に、悪の組織に立ち向かう殺し屋サム(カレン・ギラン)とその同志たちによる壮絶な攻防劇が映し出されている。夜の図書館、「“本”を探してる」とサムが登場するシーンから映像は始まる。優秀な殺し屋だったサム。しかし「子供を見殺しにできない」とターゲットの娘エミリー(クロエ・コールマン)を匿ったことで組織から命を狙われるハメに…。激闘の末に辿り着いたこの図書館で、サムは著名な小説家の名を冠した“本”(武器)を調達していく。そこは表向きは図書館だが、その実、大量の銃火器が所蔵されている秘密の武器庫だったのだ。そして行方をくらませていた伝説の殺し屋であるママ(レナ・ヘディ)も合流。反撃の準備は整ったようだ。図書館員アナ・メイ(アンジェラ・バセット)の「クソ野郎どもの脳天カチ割るわよ」とフローレンス(ミシェル・ヨー)の指パッチンを合図に、女たちの反撃の狼煙が上がる!華麗なアクション、熾烈なカー・チェイス、ド派手なガン・ファイトがめまぐるしく展開し、組織の悪党たちをひたすらブチのめしていく。果たして、血と硝煙の渦巻くこの甘くない世界でサムたちは生き抜くことができるのか―!?

『ガンパウダー・ミルクシェイク』予告編

合わせて解禁となった場面写真7点には、二丁拳銃をぶっ放すレナ・ヘディや満身創痍になりながらも銃を構える3バカトリオなど、ハードアクションを期待させるカットの他、レトロなダイナーで母娘がホイップクリームが乗ったミルクシェイクを飲むポップなシーンなどが切り取られている。さらに、アジア最強のアクション女優ミシェル・ヨーがウェイトレス姿で拳銃を構えるカットも。銃撃戦のみならず、彼女の肉弾戦にも期待したいところだ。




メガホンをとったのは前作『オオカミは嘘をつく』がクエンティン・タランティーノ監督から「本年度最高傑作」と絶賛された鬼才ナヴォット・パプシャド。本作では古今東西のアクション名場面を自在に引用し、CG抜きの生身のアクションにバイオレンスとユーモアが融合した新時代のシスター・ハードボイルドを誕生させた。コロナ禍で公開・配信となった諸外国でも話題を呼び、早くも続編制作が決定した痛快作。今後の動向にも注目の一本だ。





3月18日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP